top of page
  • 香川胆識の会

機関誌マラソン参加者の声6

機関誌マラソン第7グループの山地真人です。胆識の会では最高齢者の1人ですが、2周目のマラソンを楽しんで居ます。今回、年齢の高いメンバーにも、逆に若いメンバーにも「極力、会員全員に機関誌マラソンを走る歓びを体験して頂く流れを創る方針だ!」とお聴きし、嬉しくなりました。特に私は「高齢の方々の参加を求めたい」のです。私自身「長男に社長を譲り5年目の会長」となり、会長業の危険を痛感する日々です。やはり人間は何歳になっても「謙虚に学び続けることが必須だ!」と強く感じています。その「学び」の中でも、この機関誌マラソンは「ダントツに効きます」具体的に、元気になります・若さが戻って参ります・経営の初心に戻れます・若い仲間と本音で語り合えます・謙虚な日々が戻ります・息子と仲良くなれます・若い社員との会話が楽しくなります・日々の「気づき」が増えます・学ぶ歓びが深まり続けます・ETC・ETCです。このように、年齢の高い皆様ほど「機関誌マラソンに参加する価値は膨大」ですので、是非、参加して頂き、共に人生を謳歌して行きましょう。(代表世話人時代に超傲慢であった事に気づきつつある山地でした:&2回の操作ミスお詫び致します)


三和電業株式会社

山地真人

関連記事

すべて表示

機関誌マラソン参加者の声5

いつもお世話になっております。機関誌マラソン第8グループきさらぎの岩倉です。 私は入塾してから長い間、いつも車の中で塾長講話を聞いており、塾長の声から学んだつもりでいましたが、機関誌を読むことは、ほとんどありませんでした。そもそも継続して本を読み続けると言うことが苦手な私は...

機関誌マラソン参加者の声7

いつもお世話になっております。機関誌マラソン第5グループの(株)高畑精麦の高畑光宏です。 機関誌マラソンの存在は、私も以前から伺っていたものの、これまでは何となく大変なのかなという漠然とした印象で参加できていませんでした。...

Opmerkingen


bottom of page